スポンサーリンク

バリカンマスターへの道

徹が髪を切りたいが美容院で待ちたくない、と言うのでバリカンを借りて使ってみました。
バリカンってハードなイメージだったんだけど一見爽やかなミニ家電風味ですごく使いやすそうなお顔。
いかにも「私ってすごく簡単なのよ」って雰囲気なのでよよいっと使ってみたんですよ。

後ろ頭らへんは40ミリでOKとの事でぐりぐり使ってもそんなにばっさばっさ落ちる感じでもなくて。
次に耳周りのサイドは20ミリでって書いてあったので40ミリのノリでずずいっと刃を入れたら
何故かさっきとは全然性能の違う人みたいに毛がこそげた!!

あれ?なんで?さっきはあんなになまくら風味だったのにっ
どうしたんだバリカンさんっっ
ってわけでものすごく短い部分が出来ちゃったのでもうそこに合わせてどうにかしていくしかなくて
「半分に分けたらこっちが大きくなっちゃったから一口食べてあげるよ
あれれ、今度は残った方が大きくなっちゃったからこっちも一口。
あれれ??今度は最初齧った方が大きくなっちゃったからまた一口♪」
みたいなシステムが作動してとうとう徹の髪の毛見たこともないくらい短くなっちゃいました(^^;)

徹は一部サイドが変に薄くなった処以外は(たぶん)気に入ってくれた模様。
会社での評判も割良かったので今度家にバリカンさんを導入する事になりそうです。
でも私、上手になるのかしら…
普通にハサミでやる方が自信あるんだけどなぁ…

ってか子供の髪の毛カット責任に加えて大人の髪の毛カットの責任も負わされる事になるとは…
多少お金かかってもそこはプロにお任せした方がこっちは楽なんですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました